近江建設(アイフルホーム)

近江建設のHP画像
引用元:近江建設
http://www.lh-oumi.co.jp/

アイフルホームの口コミ評判

「担当営業の方がご自分もアイフルの家に住んでいるそうで、とても建物に詳しかったです。かなり年数が経って、新築時にああしておけば良かったという後悔したところもあるそうで、傷みやすい風呂やキッチンなどの様々な仕様について、グレードアップするよう勧めてくださいました。追加工事は300万円ほどかかりましたが、その分、快適になりました。」
「7年前に建てました。家のイメージがあったので、同じ内容で5社に見積もりを
依頼しましたが、アイフルホームは2番目に安い価格でした。施工中はできるだけ現場に行って、気になることや改善してほしいことを伝え、すぐに可能な限りの対応をしてもらえました。施工後、排水の流れが悪いときも無料で修理をお願いできました。」

アイフルホームの家づくりの特徴

アイフルホームの家づくりには以下のような特徴があります。

フランチャイズシステム

アイフルホームはフランチャイズチェーン展開のハウスメーカーです。 そのため、地場工務店と本部である住宅メーカーのそれぞれのメリットを活かせることが強みです。

キッズデザイン

アイフルホームには子どもを取り巻く住環境・家庭環境を研究する「キッズデザイン研究所」があり、子ども目線、子ども基準の住環境デザインが可能です。
「キッズデザイン研究所」は、「LIXIL住宅研究所」が2008年4月に創設した社内シンクタンクで、子どもの住環境改善への取り組みとして、子どもが家の中で起こす事故を未然に防ぐ設計を提案するものです。具体的には、段差を抑えた設計や、指を挟みにくい開口部、シックハウス対策となるF☆☆☆☆(フォースター)の建材を使用する、など、子どもの安全に関する設計を30項目提案しています。

山形県内にあるアイフルホームの加盟店として、近江建設でもキッズデザインの提案が可能となります。

パッシブエコの家

風や光などの自然の力を利用した家づくりを行っています。地窓や高窓、水盤を設けることにより、温度差換気ができるような風の通り道を設けたり、南側の軒を調整することで、日差しを遮って暑さを防いだり、日差しを奥まで採り込んで寒さを防ぐなど、たくさんの工夫が凝らされています。

アイフルホーム以外の近江建設の事業「フィアスホーム」とは

近江建設では、フィアスホームのフランチャイズも展開しており、住まいから出る一次エネルギー消費量を概ねゼロとする「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)」を標準的に設けている家づくりを行っています。また、室内の寒暖差を抑え、最新のテクノロジーを用いた確かな施工を施すことによって、健康に末永く安心して住める家を目指しています。

近江建設の住宅展示場・ショールーム情報

近江建設の会社情報

会社名 株式会社近江建設
創業年数 29年
本社所在地 山形県山形市馬見ヶ崎1-12-19
施工エリア 山形県

山形市・庄内にそれぞれ
常設の住宅展示場あり!

明日、子連れで行ける山形の注文住宅
おすすめメーカー

山形密着の地元メーカー「ササキハウス」

ササキハウスキャプチャ引用元:ササキハウス公式HP
(https://www.sasakihouse.co.jp/case/「square-style」-大きな吹抜けリビングの家/)

参考本体価格:1800万円(30坪)

山形特有の「夏は暑く冬は寒い」風土に合った家を研究しつくして約半世紀。

打ち合わせには設計士が立ち会い、出来上がった図面を本格VR機材で仮想体験できるので、建てた後に起こりがちな「イメージと違う…」を防ぐことができます。

東北を中心に展開する「セルコホーム」

セルコホームキャプチャ引用元:セルコホーム公式HP
(https://selcohome.jp/works/archives/tag/21/#at)

参考本体価格:1950万円(30坪)

木材や外壁のレンガを世界中から取り寄せた輸入住宅。

北米では一般的なツーバイフォー工法を採用したカナディアンハウスは、映画のようなヨーロピアンなデザイン。

日本一の新築着工数の最大手「積水ハウス」

積水ハウスキャプチャ引用元:積水ハウス公式HP
(https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0008/from/condition/)

参考本体価格:2340万円(30坪)

日本全国で年間の新築着工棟数が最も多い注文住宅のトップメーカー。

「ビーサイエ」は、四季を感じる暮らしをテーマにリビングと延長線上に作られた軒下空間が特徴。