日本ハウスHD(旧:東日本ハウス)

日本ハウスHDのHP画像
引用元:日本ハウスHD
https://www.nihonhouse-hd.co.jp/

日本全国で檜にこだわった注文住宅を建築する「日本ハウスHD(旧:東日本ハウス)」について、住宅展示場や口コミなどの情報をまとめて紹介します。

日本ハウスHDの口コミ評判

「以前住んでいたのは、鉄骨のアパート。檜にこだわった家づくりということで、家に入った瞬間から木の香りに包まれました。こんなに建築の材料が影響するなんて驚きです。檜に包まれた我が家で、毎日癒されています。」
「コンクリートの団地に住んでいた頃は、夏は暑く、冬は寒いというのが当たり前。新しい家に住んでから結露にも悩まなくなり、エアコンの効きもすごく良いです。こんな快適な家に住めて幸せです。」
「檜って聞くと和風の家って思っていました。しかし日本ハウスさんは洋風の家も作っていると聞き、お任せすることに。こちらの要望にも応えてくれて、理想以上の家に仕上げてもらいました。」

日本ハウスHDの家づくりの特徴

日本ハウスHDは注文住宅以外にもリフォームや資産運用、分譲マンションなどの事業も行っている大手の企業です。

注文住宅においては、檜にこだわった家づくりが特徴的。特にただの檜ではなく、どこで生産・加工されたかがわかる血統書付きの檜を使用しています。檜は実は鉄よりも熱に強いと言った特徴もあり、住宅に最適な構造材と言えるでしょう。さらに調湿やリラックス効果など、家の環境を良くするメリットも期待できますよ。

日本ハウスHDは、ZEHの家が標準仕様です。高い気密性や断熱性、ZEHの設備なども追加費用なしで実現でき、一年間快適に暮らせるようになるでしょう。さらに60年間定期点検システムも採用しているので、長期間安心して暮らし続けることができます。24時間対応してくれるコールセンターもあり、住んだあとからもサポートしてくれる体制が整っているのが嬉しいポイントです。

日本ハウスHDの住宅展示場情報

日本ハウスHDの展示場は、

の3つが山形県内の展示場です。また他の県においても多数の展示場があります。

山形平清水展示場の情報

やまとシリーズの展示場です。室内の中央にキッチンを設けており、自然にパブリックスペースに集まってくるようなレイアウトになっています。日本の伝統的な雰囲気を有しながら、洋風の機能性も取り入れた全く新しい和の形を感じられるでしょう。

華ぷらざ 山形の情報

やまとシリーズの展示場です。家づくりを行うにあたって、イメージを固めることができそうな空間もあり、檜の温もりを感じながら、使い勝手などもチェックすることができるでしょう。

J・エポックホーム山形展示場の情報

J・ステージシリーズの展示場です。コストパフォーマンスに優れたセミオーダーの注文住宅ですが、高品質&多彩なバリエーションを確認することができるできます。

日本ハウスHDの会社情報

会社名 株式会社日本ハウスホールディングス
創業年数 49年(昭和44年2月13日設立)
本社所在地 東京都千代田区飯田橋四丁目3-8 日本ハウスHD飯田橋ビル
施工エリア 日本全国

山形市・庄内にそれぞれ
常設の住宅展示場あり!

明日、子連れで行ける山形の注文住宅
おすすめメーカー

山形密着の地元メーカー「ササキハウス」

ササキハウスキャプチャ引用元:ササキハウス公式HP
(https://www.sasakihouse.co.jp/case/「square-style」-大きな吹抜けリビングの家/)

参考本体価格:1800万円(30坪)

山形特有の「夏は暑く冬は寒い」風土に合った家を研究しつくして約半世紀。

打ち合わせには設計士が立ち会い、出来上がった図面を本格VR機材で仮想体験できるので、建てた後に起こりがちな「イメージと違う…」を防ぐことができます。

東北を中心に展開する「セルコホーム」

セルコホームキャプチャ引用元:セルコホーム公式HP
(https://selcohome.jp/works/archives/tag/21/#at)

参考本体価格:1950万円(30坪)

木材や外壁のレンガを世界中から取り寄せた輸入住宅。

北米では一般的なツーバイフォー工法を採用したカナディアンハウスは、映画のようなヨーロピアンなデザイン。

日本一の新築着工数の最大手「積水ハウス」

積水ハウスキャプチャ引用元:積水ハウス公式HP
(https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0008/from/condition/)

参考本体価格:2340万円(30坪)

日本全国で年間の新築着工棟数が最も多い注文住宅のトップメーカー。

「ビーサイエ」は、四季を感じる暮らしをテーマにリビングと延長線上に作られた軒下空間が特徴。