HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく

【山形編】注文住宅づくりに成功すべく

山形県は持ち家率が高く、購入年齢も20~30代と若くなっています。将来、増えるかもしれない家族構成を想像しながらの家造りとなる場合も少なくありません。

若年層で家を建てる人が多い山形県
成功する注文住宅造りについて

家は一度建ててしまうと、やり直しが難しいもの。また、予算的にやり直しをそう簡単に行うことはできません。失敗しないためにも、下記のポイントを意識しておこなうようにしましょう。

ポイント1:住宅ローンの活用

住宅ローンにはいくつかの種類があります。個々人によってどのローンを適用するのかは異なるもの。各ローンそれぞれの特徴を理解し、自分に合った住宅ローンを選ぶのが大事です。また申し込んだら終わり…ではなく、長期間の返済をうまく乗り切っていくために、金利や借入残額、返済期間の見直しは定期的に行いましょう。

住宅ローンの活用について詳しく見る>>

ポイント2:支援策&税金特例の活用

県や市区町村での自治体には、新築やリフォームに対してさまざまな支援策があります。申込者全員が採用されるわけではないので、早めのリサーチと申し込みが必須です。

また、税金についてもお得な特例が用意されていますので、こちらも忘れずにチェックしておきましょう。

支援策&税金特例の活用について詳しく見る>>

ポイント3:モデルハウスを見学

展示場だけでなく、完成されたモデルハウスも見学してみましょう。たくさん見学することで、自分が住んでみたい家を具体的にイメージできるようになります。

また、住宅会社の特徴を見ることもでき、自分の方向性と合っているかどうか具体的に確認できます。

モデルハウスの見学について詳しく見る>>

ポイント4:多数の住宅会社を比較

住宅会社は、必ずしも自分の住みたい家のイメージを完璧に具現化してくれるとは限りません。会社によって特徴がありますので、資料請求などで細かいところを比較・検討しましょう。より詳細な見積明細書は入手しておきましょう。

多数の住宅会社を比較することについて詳しく見る>>

ポイント5:地盤調査

いくら住宅がしっかりしていても、その土台となる地盤が危ない状態にあるのでは意味がありません。地すべりや地盤沈下、液状化などが起こり、せっかく建てた家に住めなくなってしまった…なんてことにならないように。地盤を事前にしっかりと調査して、必要があれば改良を施しましょう。

地盤調査について詳しく見る>>

ポイント6:生活動線も考えた間取りを

理想だけを盛り込んだ間取りにすると、使わなかったり邪魔になってしまったり、住み心地が悪くなることがあります。本当に必要なものだけを取り込み、ライフスタイルに合わせた動線を意識し、長い目で見たライフスタイルの変化に対応できる間取りを考えるようにしましょう。

生活動線も考えた間取りについて詳しく見る>>

山形の注文住宅会社厳選集