HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 間取りや色決めの重要性

間取りや色決めの重要性

 

注文住宅造りで、間取りや色決めは大事です。ここでは失敗しない間取り決めや色決めについて、解説していきます。

予算だけでなく生活動線も考える

注文住宅で間取りを決める際には、予算だけでなく生活動線のこともきちんと考えなければいけません。間取りを失敗してしまうと、住み心地が悪くなってしまいます。

あんな家こんな家買えたらいいなの夫婦が夢想画像

よく間取りで失敗するケースとしては、「こうしたほうがいい!」と理想だけで設置してしまった場合。結局使わない、もしくは邪魔になってしまった…なんてことになり、住みづらい家になってしまいます。

例えば、収納は少ないと困りますがありすぎても邪魔になります。キッチンも、自分のスタイルにあっていないと使いにくく、料理をするのが嫌になる場合もあります。

子供部屋をつくったのはいいけれども、子供が巣立ってしまって使わない部屋になってしまったなど、目先の考えや理想だけを追い求めてしまうと数年後に住みにくさを感じてしまいます。100%完璧に未来を予測することはできませんが、大体の道筋は想像できます。

また、自分の好みやライフスタイルを見直し、どういった動線なら過ごしやすいのかなどを考えましょう。自分の生活を見つめ直すことで、自分や家族にとって住みやすい間取りに近づけます。

家族が年を重ねるにつれて変わる生活に合わせて、ある程度の自由変更が利く間取りを考えることもできます。

最近では、インターネットでシミュレーションできるサイトもあります。実際に形にすることで、気が付かなかっ点や不足していた点に気が付く場合があります。

こうしたサイトを活用するとともに情報収集を心がけるようにすると、住む家族にとって最適な間取りが見えてくるでしょう。

まずは家の中心となるリビングから

間取りを考える際には、まずはリビングから考えてみましょう。リビングは生活の中心になる場所で、家族が集まる場所でもあります。

家族が滞在する時間が長いので、南向きの大きな窓を設置できるような配置にしたいという方が多いです。隣の家が近い場合は、2階に設けるやり方もあります。リビングの位置が決まれば、それに合わせてダイニング、キッチンの位置も決まってきます。

将来的に子供が欲しい、もしくはすでにお子さんがいる場合は、子供部屋が重要なポイントとなります。若い世代では子供が何人になるかわかりませんので、間取りが変えられるフレキシブルな形にするといいでしょう。

間仕切りをつけて個室にしたり大部屋にしたりと自在にできるようにすれば、年齢によって柔軟に対応する事ができます。

部屋の大体の配置をイメージできたら、各部屋を結ぶ廊下や階段、窓の位置を考えます。採光や風の通り道などを考慮して、専門家の意見を聞くようにしましょう

間取りや設備については、ここに住む家族全員の要望をリストアップします。全ての要望をかなえるのは難しいので、優先順位をつけておくことを忘れてはいけません。

また、予算オーバーになりそうな豪華な要望に関しては、削るか優先順位は下げておいた方が無難です。ただ、注文住宅の会社との打ち合わせにおいて、予算などの兼ね合いでどこまで採用できるかが変わります。絶対に譲れないボーダーラインを決めておくといいでしょう。

住みやすさを重視!注文住宅ユニバーサルデザインの基本

住宅におけるユニバーサルデザインとは、小さな赤ちゃんから高齢者まで、どのような人でも快適に過ごせるよう考えられた住宅のことをいいます。

ユニバーサルデザインを採用した住宅では、車いすでも楽に移動できるバリアフリーをはじめ、手すりやベンチといった設備の付帯、さらには状況に合わせて柔軟に増改築できる自由度の高い設計が必要とされます。

ユニバーサルデザイン採用の住宅設備の選び方

ユニバーサルデザインは、数多くの工務店および住宅メーカー、設備メーカーで採用されています。

メーカーそれぞれにデザインの特色があり、「ユニバーサルデザインと書いてあるから使いやすい」とは限りません。ユニバーサルデザインの住宅または設備を選ぶときには、実際にショールームやモデルハウスで体感してみましょう。

特にチェックするポイントは「浴室・トイレ」といった水回りです。トイレにおいては、手すり一体型便座も検討し、高齢になっても1人で使用できるタイプを選ぶことをおすすめします。

浴室は床の安全性と手すりの位置、またぎやすい浴槽の高さか確かめましょう。

また、わかりにくい階段の勾配や廊下のサイズ感もチェックします。モデルハウスでは、気に入ったポイントや気になる点はすぐに質問し、住宅建設時の参考にするといいでしょう。

山形ならではのユニバーサルデザイン

冬には雪が積もる山形では、高齢者でも暮らしやすい「北国ならでは」のユニバーサルデザインも求められます。

トイレや浴室の急激な温度差による心臓への負担を減らすため、室内の温熱環境を一定にするよう意識してください。

小さなスペースでも暖かいように、小さな電気パネルヒーターを設置したり、年中日の光が入るよう壁の高い位置に窓を配置する工夫をしましょう。

さらに雪の降る時期のために、勾配のある玄関先ではゆるやかなスロープロードヒーティングを設置し、足元の安全性を高めることも必要です。屋根の雪下ろしの負担を減らすため、屋根融雪設備もあると便利です。

おすすめの間取りとアイデア

生活動線は短くする

ユニバーサルデザインを考えた間取りでは、生活動線を短くするのが基本です。

寝室、トイレ、浴室はなるべく近く配置します。既に介助を必要とする家族がいる場合には、寝室に専用のトイレと簡単な浴室があると便利でしょう。

高齢者のみが暮らす平屋では、リビングにベッドを置いた「リビング・寝室一体型」がおすすめです。

さらに簡単な間仕切りになるスライドドアを設置しておくことで、急な来客にも簡単に対応できます。

キッチンは両側に通路がとれるよう壁につけずに配置し、座って作業ができるコンパクトなタイプを選びましょう。大きすぎるキッチンはかえってお手入れが大変です。 屋内と屋外の距離を最短にする方法として、リビングに大型の窓を設置し、フラットにつながるデッキを庭に作ってみましょう。家庭菜園を楽しむ方にはとても便利な間取りです。

要介護の方や車いすの方でも、屋内から繋がるデッキがあれば、簡単に日光浴を楽しむことができるでしょう。

階段や廊下の注意点

ユニバーサルデザインの観点から間取りを考えるのなら、なるべく階段や廊下は作らないようにしたいですが、家族の人数が多くそれらが必要なときには以下の点に注意しましょう。

・階段の勾配はなるべく緩やかにし、1段ごとの高さも低くします。階段の幅は一般的な住宅よりも広めにとり、両側には手すりを設置しましょう。
・廊下の幅は78cm以上を目安にできるだけ広くとり、他の部屋と段差を作らないようにするのもポイントです。廊下にも手すりを設置し、玄関にはベンチを作りつけておくと便利です。
・廊下や階段の足元にはセンサーライトをとりつけ、夜間でも安全な移動ができるようにしておきましょう。
山形の注文住宅会社厳選集