HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 間取りや色決めの重要性

間取りや色決めの重要性

注文住宅造りで、間取りや色決めは大事です。ここでは失敗しない間取り決めや色決めについて、解説していきます。

予算だけでなく生活動線も考える

注文住宅で間取りを決める際には、予算だけでなく生活動線のこともきちんと考えなければいけません。間取りを失敗してしまうと、住み心地が悪くなってしまいます。

あんな家こんな家買えたらいいなの夫婦が夢想画像

よく間取りで失敗するケースとしては、「こうしたほうがいい!」と理想だけで設置してしまった場合。結局使わない、もしくは邪魔になってしまった…なんてことになり、住みづらい家になってしまいます。

例えば、収納は少ないと困りますがありすぎても邪魔になります。キッチンも、自分のスタイルにあっていないと使いにくく、料理をするのが嫌になる場合もあります。

子供部屋をつくったのはいいけれども、子供が巣立ってしまって使わない部屋になってしまったなど、目先の考えや理想だけを追い求めてしまうと数年後に住みにくさを感じてしまいます。100%完璧に未来を予測することはできませんが、大体の道筋は想像できます。

また、自分の好みやライフスタイルを見直し、どういった動線なら過ごしやすいのかなどを考えましょう。自分の生活を見つめ直すことで、自分や家族にとって住みやすい間取りに近づけます。

家族が年を重ねるにつれて変わる生活に合わせて、ある程度の自由変更が利く間取りを考えることもできます。

最近では、インターネットでシミュレーションできるサイトもあります。実際に形にすることで、気が付かなかっ点や不足していた点に気が付く場合があります。

こうしたサイトを活用するとともに情報収集を心がけるようにすると、住む家族にとって最適な間取りが見えてくるでしょう。

まずは家の中心となるリビングから

間取りを考える際には、まずはリビングから考えてみましょう。リビングは生活の中心になる場所で、家族が集まる場所でもあります。

家族が滞在する時間が長いので、南向きの大きな窓を設置できるような配置にしたいという方が多いです。隣の家が近い場合は、2階に設けるやり方もあります。リビングの位置が決まれば、それに合わせてダイニング、キッチンの位置も決まってきます。

将来的に子供が欲しい、もしくはすでにお子さんがいる場合は、子供部屋が重要なポイントとなります。若い世代では子供が何人になるかわかりませんので、間取りが変えられるフレキシブルな形にするといいでしょう。

間仕切りをつけて個室にしたり大部屋にしたりと自在にできるようにすれば、年齢によって柔軟に対応する事ができます。

部屋の大体の配置をイメージできたら、各部屋を結ぶ廊下や階段、窓の位置を考えます。採光や風の通り道などを考慮して、専門家の意見を聞くようにしましょう

間取りや設備については、ここに住む家族全員の要望をリストアップします。全ての要望をかなえるのは難しいので、優先順位をつけておくことを忘れてはいけません。

また、予算オーバーになりそうな豪華な要望に関しては、削るか優先順位は下げておいた方が無難です。ただ、注文住宅の会社との打ち合わせにおいて、予算などの兼ね合いでどこまで採用できるかが変わります。絶対に譲れないボーダーラインを決めておくといいでしょう。

山形の注文住宅会社厳選集