HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 先立つものはお金…住宅ローンの活用

先立つものはお金…住宅ローンの活用

住宅を建てたい人にとって、先立つものは予算すなわちお金です。ここでは住宅ローンを中心に、紹介しましょう。また県内で利用できるローンについても触れます。

住宅ローンの基本的な活用法と種類

家を建てるには数千万円といった大金がかかります。大きなお金ですから一括で払うのは難しく、銀行の住宅ローンでお金を借りて購入することがほとんどでしょう。

住宅ローンのイメージ

住宅ローンを組むには毎月の返済金額に気を付け、長期的な視点で金利を見る必要があります。最初に設定した金利の見直しはもちろん、借入金額の調整や返済期間の変更を定期的に行い、必要があれば借り換えローンなどを利用することも考えてみましょう。そうすれば住宅ローンをうまく返済できることができます。

借り換えローンは今までの住宅ローンを完済し、新たにローンを組みなおすこと。より金利の低い、返済条件の良いほうに乗り換えることで、毎月の返済額を抑えられます。借り換えを早い時期に行うことで、効果は一段と高まります。

借り換えのポイントは、金利差や残りの返済期間とローン残高、借り換えによる効果、諸費用の負担。こうした比較は具体的な数字で出さないとわかりませんので、銀行のコンテンツなどで紹介されている「借り換えシミュレーション」などを利用してみるといいでしょう。

また、繰り上げ返済で元金を減らすことも大事です。返済期間の短縮や毎月の返済額の減額のどちらかの効果を期待できます。前者を返済期間短縮型といい、後者は返済額減額型といいます。

また、住宅ローンと言っても種類はさまざま。それぞれの特徴を理解し、自分に合った住宅ローンを選ぶようにするのがコツです。

  • フラット35

住宅金融支援機構と民間金融機関が提携した長期固定型の住宅ローン。最長35年の返済期間の設定が可能です。

  • 民間住宅ローン

変動型、固定期間選択型、固定型の3つの金利タイプから選択。返済期間は最長で35年です。

  • 財形住宅融資

1年以上・50万円以上の残高のある財形貯蓄を行っている会社員を対象とした、5年間固定の変動型金利ローンです。

山形県内の住宅ローン取り扱い金融機関

  • 都市銀行

みずほ銀行

  • 第一地銀

山形銀行、七十七銀行、荘内銀行、北都銀行

  • 第二地銀

きらやか銀行

  • 信用金庫

鶴岡信用金庫、北郡信用組合

  • 労働金庫

東北労働金庫

  • ネット銀行

ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行

  • 政府系金融機関

住宅金融支援機構

  • 保険会社

あいおいニッセイ同和損害保険、日本生命

山形の注文住宅会社厳選集