HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 建売住宅と注文住宅のアフターメンテナンスの違いについて

建売住宅と注文住宅のアフターメンテナンスの違いについて

建売住宅と注文住宅では、購入後の「満足度」「住み心地」「アフターメンテナンス」など、多くの点で異なります。

しかし、住宅の購入は一生に一度という人がほとんどのため、その違いを正しく理解している人は少ないようです。

ここでは、「建売住宅・注文住宅のそれぞれの特徴」と「アフターメンテナンスの違い」を説明いたします。

建売住宅の特徴

建売住宅とは、不動産会社から土地付きの建物を購入することです。不動産会社が大きな土地を買い取り、そこに住宅を建てて、購入者を募ります。

景観が整っている

建売住宅の場合、まとまった広さの土地に同じような外観の住宅を建てることになります。そのため、住んでいる場所の景観が整っていることが多いです。

価格が安い傾向にある

建売住宅では、購入者と間取りや設備に関する打ち合わせをする必要がないので、価格は比較的安くなります。ただし、こだわった家作りができず、住宅の品質も業者によって異なります。

場合によっては立地が良いことがある

建売住宅を扱う不動産会社は、日々土地の取引を行っています。このような大手業者は、独自のネットワークを築いていることが多いので、立地の良い好条件の土地を確保していることがあります。

注文住宅の特徴

注文住宅とは、購入者の希望を元に建築士が住宅を設計し、施工会社に建ててもらう家のことです。つまり、自分が購入した土地に自分の住宅を建てることになります。

希望通りの家を建てることができる

自分が住みたいと思う家を建てられるのが、注文住宅の魅力です。例えば、リビングはアンティークな作りにしたい、お風呂は最新のモノにこだわりたい、家族の生活に合わせた間取りにしたい、書斎用の部屋を用意したいなど、さまざまな希望を叶えることができるのです。

将来的にリフォームをしやすい

将来的にリフォームしやすいのも、注文住宅の特徴です。例えば、子どもが独立した後のことを考えて、子供部屋を自分の趣味部屋に変更できるように設計しておくことも可能です。

建売住宅と注文住宅のアフターメンテナンスの違い

建売住宅の場合、アフターメンテナンスは乏しいと感じる人が多いようです。というのも、実際に問題が生じた際に点検に来るのは、アフター点検部署の担当であり、その住宅の建築や販売に関わった人が来ることはないからです。

その点、注文住宅の場合は、住宅の建築から関わってきた担当者がまずやって来て、いろいろと相談にのってくれます。当然、話の理解も早いでしょう。

これは、既に建っている住宅を購入する建売住宅と、住宅を建てるところから購入者が関わる注文住宅の差だと言えます。担当者との人間関係の深さがまったく違うのです。

建売住宅と注文住宅のどちらがお得か?

多少住宅の価格が高くなることに抵抗がないのであれば、注文住宅をおすすめします。

建売住宅とは、すでに出来上がった住宅に「自分を合わせていく」住宅です。一方、注文住宅とは、「自分に合わせて建てる住宅」となります。また、注文住宅なら、数十年後のことを考えた上で、設計することも可能です。

また、不動産会社が複数の建売住宅を建てるときは、住宅の建築を業者に依頼します。このとき、もし住宅の価格を重視して「手間請け」という給与体系で業者に依頼していると危険です。手間請けは「一軒あたり〇〇万円」という形で報酬が決まりますので、急いで住宅を建てようとする業者がいるのです。

その場合、手抜き物件の温床になるとも限りません。 こうしたことは、注文住宅では起こりづらい問題です。

このように、建売住宅と注文住宅では多くの違いがありますが、アフターメンテナンスも含めて、注文住宅の方が安心だと言えます。

山形の注文住宅会社厳選集