HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 注文住宅の地震対策で家族を守る!耐震・制震・免震を知ろう

注文住宅の地震対策で家族を守る!耐震・制震・免震を知ろう

日本は地震大国なので、地震対策をしないと万が一の際に建物の損傷が大きくなり、火災などの二次被害も甚大になってしまいます。

注文住宅を建てる時も、オシャレな外観や自由な内装だけを意識するのではなく、地震対策をすることが大切です。 しかし現状、注文住宅でどのような地震対策が行われているかを知っている人は少ないでしょう。

そこで今回は「注文住宅を建てる時に知っておきたい地震対策」について解説します。

地震による被害を減らすための3つの地震対策

日本で住宅を建てる時は、一般的に「耐震・制震・免震」の3つの対策が取られます。
そこで、まずは3つの対策がそれぞれどのようなものかを確認していきましょう。

耐震構造

耐震構造とは、柱や壁を強固なものにすることで地震の「揺れに耐える」構造のことです。建物を耐震構造にすることで、地震で大きな揺れがきても倒壊しないだけの強度にするという発想です。このように、耐震の目的は「揺れに耐えること」なので、「揺れを軽減すること」はできません。そのため、建物内部(特に上層階)では大きな揺れが発生し、タンスや机などの倒壊リスクは高いままです。

制震構造

制震構造とは、建物の内部に「ダンパー」や「制御パネル」と呼ばれる振動を軽減する装置を組み込むことで地震の「揺れを軽減する」構造です。家具の倒壊などは耐震構造では対処しきれないので、注文住宅の場合は制震構造を採用することが多くなります。後述する免震構造とは異なり制約がないことが多く、100万円以内の予算で制震構造にできるケースが一般的です。

免震構造

免震構造とは、建物と地盤との間に「免震装置」を置くことで地震の「揺れを軽減する」構造です。地震の発生時にはこの免震装置が作動し、建物と地盤を切り離します。地震の揺れ自体は免震装置が吸収し、免震装置が吸収しきれなかった一部の揺れが建物に伝わるようになっています。

建物は本来斜めに揺れるものですが、それに対し免震装置は横に揺れるのが特徴です。3つの地震対策のなかで、最も揺れを軽減できる対策になります。

どの地震対策を選ぶべき?

では、3つのうちどの地震対策を選べば良いのでしょうか。

  • 数百万の追加費用
  • 広い土地や建物の高さなどの設置制限
  • 設置後のメンテナンス

などの条件をクリアできるのであれば、免震構造の住宅をおすすめします。他の地震対策と比較して、地震時の揺れが大きく軽減されるからです。

しかし、免震技術は発展途上ということもあり、選択するのが現実的ではないこともあります。このような場合は「耐震+制震」の住宅にすると良いでしょう。

上述した通り、制震構造は100万円ほどの予算があれば実現可能です。最近建てられる住宅は「建築基準法」に従って建てられていますので、最初の時点ですでにある程度の耐震性能が期待できます。それにプラスして制震構造を組み込めば、家族の安全を守ることができます。

住宅構造の地震対策だけで安心してはダメ!

しかし、建築時に地震対策を行ったからといって安心してはいけません。住宅のなかには多くの家具や机などが設置されているので、それらが倒壊する恐れがあるのです。

タンスは金具で壁に固定

絶対に倒れてはいけないタンスは、金具などで壁に固定するのが一番です。それが無理なら、天井部分にポール式器具で固定しても良いでしょう。

テレビやテーブルには粘着式マット

揺れが大きい場合はテレビが倒れたり、テーブルが左右に大きく揺れたりします。そうならないように、テレビやテーブルの土台部分には地震予防の粘着式マットを設置しましょう。特に、地震発生時に退避場所として利用できるリビングのテーブルは、必ず固定するようにしてください。

このように、住宅の地震対策を行う際は構造上の対策だけでなく、家具を固定するといった対策も重要です。家を建てた後は、こちらの対策も忘れずに済ませておくようにしましょう。

山形の注文住宅会社厳選集