HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 理想の健康住宅でシックハウスに別れを告げましょう

理想の健康住宅でシックハウスに別れを告げましょう

新築の住宅では、シックハウス症候群に気をつけなければなりません。

シックハウス症候群とは、化学物質が原因で「めまい」「頭痛」などを引き起こす症状の呼び名です。せっかく買った新築住宅でも、このような症状が出てしまうとその家に住み続けることが難しくなります。

そこで今回は「化学物質の余計な影響を受けない健康住宅」について解説します。

有害物質を使わない「健康住宅」

現代の住宅は、人間が住みやすいようにさまざまな処理が施されています。例えば、「壁に傷がつきにくいようにする」「虫が寄ってこないようにする」などの加工を行うことによって、多くの利便性を実現してきました。

しかし、そのような住宅を実現するためには、化学物質を必要とします。人それぞれ化学物質に対する耐性は異なり、中には「シックハウス症候群」という化学物質が原因で多くの体調不良を起こす人たちがいます。 そこで、化学物質などの人間にとって有害になる物質を極力使わずに住宅を建てようとする動きが生まれました。

その結果、「健康住宅」という家のあり方が注目されるようになったのです。今では多くの住宅会社で、化学物質を使わない住宅の研究が進んでいます。

健康住宅のメリット

注文住宅で多く建てられる健康住宅は、通常の建売住宅にはない多くのメリットがあります。健康住宅の定義は曖昧ですので、住宅メーカーによってどのような対策を実施しているかはさまざまです。ここでは、健康住宅の代表的なメリットを解説します。

1. 夏は涼しく冬は暖かい

健康住宅は、外断熱工法で作られることが多いです。無垢材と呼ばれる断熱性のある木材を使用したり、本来であれば大型冷蔵庫で使用するような断熱材を住宅用に改良して使用したりするので、外気の暑さや寒さを家の中に入れないのです。また、密閉性が高いため、一度エアコンで温度を調整すると空気が逃げにくく、省エネが実現できます。ようは、夏の暑い時期や冬の寒い時期も快適に過ごせるのです。

2. 自然素材を使用するため化学物質が発生しない

健康住宅を建てるときは自然素材を使用し、通常の住宅で使用するような化学物質は使われません。例えば、フローリングの床を設置するときは専用の化学物質を含んだ接着剤を使うことが多いです。しかし、フローリングの代わりに無垢材の床にすると化学物質が発生しません。

無垢材には化学物質を発生させないこと以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 調湿作用があるため部屋を快適な空気にできる
  • 素材がやわらかくできているため、長時間立ったり座ったりしていても痛くならない

このような恩恵を受けられる自然素材を使用した住宅が、健康住宅です。

3. 素材が木であるため加工しやすい

住宅に使われている壁や柱の素材が「加工品」であれば、後から住宅にアレンジを加えることは難しいです。しかし自然の木材が素材であれば、「色を塗る」などのアレンジから修理まで、簡単に行うことができます。

4. 年々素材に深みが出てくる

工業製品は年々劣化していきます。例えば、フローリングの床も10年後にはいろいろな部分が傷ついたりコーティングが剥がれたりします。しかし、無垢材を使用した床や壁は、年々素材に深みが出てくるのです。 工業製品であれば経年劣化と表現するものも、健康住宅であれば「経年変化」となります。このような住宅は住んでいて愛着が湧く人も多いはずです。

このように、シックハウス症候群を避けることに適した健康住宅も、現在ではさまざまな使われ方をしています。理想の健康住宅に住むために、注文住宅で建てることを決める人も増え続けています。

山形の注文住宅会社厳選集