HOME » 【山形編】注文住宅づくりに成功すべく » 使わにゃ損そん!建築の補助金

使わにゃ損そん!建築の補助金

山形県で注文住宅を建てたい人にとって、朗報です。県が設ける住宅の補助金や支援策を積極的に利用して、家づくりに役立てましょう。

山形県と国が設けている
住宅建設の支援策と税金特例

家を建てる際には、県や市区町村で実施している住宅支援を上手に活用したいもの。大きく分けて、「新築住宅支援」と「リフォーム支援」とあります。

「新築住宅支援」では、山形県産の木材を使って家を新築すると、利子補給もしくは補助のどちらかを受けられるなどの支援を行っています。

「リフォーム支援」では、住宅の部分補強・バリアフリー化・省エネ化・克雪化などが対象。平成28年度においては三世代世帯・移住世帯・近居世帯・新婚世帯・子育て世帯向けの支援内容が拡大されています。市町村窓口からの申し込みとなり、予算がなくなり次第終了。市町村によっては抽選で決まる場合もありますので、利用したい人は早めの問い合わせと申し込みが必要です。

また、近年多発する地震への不安を払拭するための「耐震支援」もあります。今住んでいる住宅の耐震性を調べて、震度6強~7程度の地震に対しての倒壊の危険性を診断。登録されている耐震診断士の派遣、耐震補強計画の作成、概算工事費の算出などを支援します。診断費用の自己負担額が無料の場合もあれば、最高で12,000円の負担を持つこともあります。

さらに、税金制度における特例もチェックしておくといいでしょう。新築に対しては、住宅ローンの減税、新築住宅における固定資産税の減額措置、住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置、住宅用家屋の所有権の登録免許税や不動産取得税の特例措置、認定長期優良住宅や認定低炭素住宅に関する特例措置など、さまざまな税制の特例があります。

住宅のリフォームに関しては、住宅ローン減税、住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置、耐震改修・省エネ改修・バリアフリー改修・同居対応改修に関する特例措置とがあります。さらに、住宅の譲渡に利用可能な税制特例もありますので、状況に合わせて活用するようにしましょう。

山形県でおこなわれている住宅支援策

山形で受けられる建築補助金には、山形市で行っているものと、山形県が行っているものとがあります。条件が合えば組み合わせて活用できますので、まずは各市町村に相談してみましょう。

補助金のイメージ

山形市の住宅支援策・新築住宅支援策

  • 山形市産材利用拡大促進事業費補助金
  • 山形市太陽光発電装置設置事業費補助事業

リフォーム住宅支援策

  • 山形市住宅リフォーム総合支援事業
  • 山形市木造住宅耐震改修補助事業
  • 山形市太陽光発電装置設置事業費補助事業
  • 山形市住宅リフォーム総合支援事業

その他住宅支援策

  • 山形市太陽光発電装置設置事業費補助事業
  • 山形市在宅介護支援住宅改修補助事業
  • 山形市木造住宅耐震診断事業

山形県の住宅支援策

【新築住宅支援策】

  • 山形県県産認証材「やまがたの木」普及・利用促進
  • 再生可能エネルギー設備導入事業費補助金
  • 山形の家づくり利子補給制度

【リフォーム住宅支援策】

  • 山形県住宅リフォーム総合支援事業
  • 再生可能エネルギー設備導入事業費補助金

【その他住宅支援策】

  • 再生可能エネルギー設備導入事業費補助金
山形の注文住宅会社厳選集