雪国山形で一番大事な屋根の話

【東北】豪雪地帯の屋根づくり

山形で家づくりをする場合、雪対策を行うことが大切で、特に屋根に積もる雪の対策は重要となってきます。
積雪のある地域の屋根と言えば、三角の屋根が主流でしたが、雪が滑り落ちやすいため、落雪などに関する問題が懸念されていました。

そこで最近では逆V字型の屋根や平らな屋根を選択する人も増えています。それを「無落雪屋根」と呼びます。
無落雪屋根には3つの種類がありますので、順番にご説明します。

無落雪屋根1.スノーダクト方式

スノーダクト方式は、屋根の中央に「スノーダクト」を設置したタイプの屋根です。
設置したダクトを雨水が通るので、つららができないという特徴があり、最近の新築住宅ではこの方式が多く採用されています。

無落雪屋根2.フラットルーフ方式

フラットルーフ式は、平らなタイプの屋根です。屋根を平らにすることで、屋上を有効活用できたり、メンテナンスが楽になるというメリットがある一方で、雨漏り防止のための防水工事をしっかりと行う必要性が出てきます。

無落雪屋根3.勾配屋根(こうばいやね)方式

勾配屋根方式は、普通の「傾斜のある屋根」に落雪防止の「雪止め」を取り付けるタイプです。ただし、急勾配な屋根の場合は耐風性が弱まる弱点があります。


豪雪地帯家づくりのポイント

バルコニーを作るなら、インナーバルコニーが常識

新築を建てる際、バルコニーを作りたいと考えている人もたくさんいます。バルコニーを作りたいと考えている人は、ぜひ「インナーバルコニー」を検討してみてください。

インナーバルコニーは、屋根のあるタイプのバルコニーです。
それにより、天候を気にせずバルコニーを使えるようになりますので、より有効活用することができます。


構造材の丈夫さが重要に

積雪の多い豪雪地帯は、雪の重みで家が歪んでしまうといったことのないよう、豪雪地帯での家づくりは、何よりも「丈夫であること」が一番重要です。
関東など、あまり雪の降らない地域のハウスメーカーの場合、「軽量鉄骨」で作る家を勧められることが多いですが、耐雪性の面では不安が残ります。
地元山形の風土をしっかりと理解し、耐雪性の高い家づくりができるメーカーを探してみましょう。

屋内のランドリースペースは必須

雪の降る地域では、冬の期間なかなか洗濯物が乾きづらかったり、ふぶいている日は洗濯物が外に干せないという悩みがあります。
そんな時に便利なのが「屋内ランドリースペース」です。日当たりの良い場所に少しのランドリースペースを設けることで、季節や天候問わず洗濯物をしっかり乾かすことができます。

雪かき不要!山形で家を建てる前に知っておきたい融雪システム

雪の積もった屋根イメージ

同じ山形でも場所によって積雪量は異なりますが、山形で家を建てるなら、融雪システムは一度検討しておくべき設備です。

ここでは、融雪システムの種類や選ぶポイントについて紹介していきます。

融雪システムの種類は5つ!

融雪システムには以下のような種類があります。

1. 地下水を使う「井戸水式」

汲み上げた地下水を散水することによって雪を融かす方式です。地下水が豊富ではない場合は使えませんし、散水した水が凍ってしまう場合もありますので、場所によっては設置できないこともあります。装置、維持費は低コストであり、環境にも優しく、燃料代がかからないのがメリットです。

2. 最も効果的な「ガス・灯油ボイラー式」

融雪システムで最も効果的と言われるのが、ガス・灯油ボイラー式。豪雪地域では広く使われています。

ボイラーで不凍液を灯油やガスにより暖め、屋根に設置されたパイプをその熱で温めることで融雪します。

パイプは屋根の内部、表面どちらも設置可能。屋根の内部の場合、景観を損ねず、ムラなく雪を融かせるのです。表面の場合、コストを抑えられますし、メンテナンスしやすく、リフォームの場合でも屋根の葺き替えをせず設置できます。

ランニングコストはどの燃料を選ぶかによって違います。

3. 屋根の強度を上げる「耐雪方式」

大雪に耐えられるくらい屋根の強度を挙げることで、雪をそのまま屋根の上に貯めておく方式です。 水平やMの形の屋根構造になり、建築の際の経費は高くなりますが、その後のランニングコストはかかりません。 信頼できるハウスメーカーに依頼することをおすすめします。

4. 屋根の傾斜で落とす「自然落下式」

屋根の傾斜を急にすることで、雪を積もらせることなく自然に落下させる方式です。しかし大きな雪の塊が落下した際、たまたま人がいると危険です。雪が落下する場所に雪を蓄積しておくスペースが必要になります。ランニングコストがかからず、燃料の必要がないため、経済的です。

5. どんな屋根でもOK!「電気ヒーター式」

電気ヒーター式は、屋根に直接電気ヒーターを設置する方式。どんな形状の屋根でも対応可能です。マグネット型、接着型、メッシュタイプなど様々なタイプがあるので、屋根の素材に合わせて選ぶようにしましょう。

融雪システムの選びのポイント

初期費用、ランニングコスト、メンテナンス、融雪効果の4つのポイントで、優れた融雪システムをご紹介します。

1. 初期費用で選ぶ

初期費用が最もかかるのは耐雪方式。建物の構造に関わるので、自然落下式も特別な費用が必要になります。その他の方式では各メーカーによって価格は異なりますが、電気ヒーター式が比較的最も安価で設置しやすいようです。

2. ランニングコストで選ぶ

ランニングコストは、ガス・灯油ボイラー方式、電気ヒーター式が最もかかりますが、夜間電力を使う分、この中では電気ヒーターが一番安価です。 耐雪方式、自然落下式は、ランニングコストは無料です。

3. メンテナンスで選ぶ

ガス・灯油ボイラー方式、電気ヒーター式、井戸水式はメンテナンスが必要です。屋根の内部に設置した場合、ガス・灯油ボイラー方式が最もメンテナンスはしにくいでしょう。耐雪方式、自然落下式は、通常の屋根のメンテナンスが必要ですが、頻繁に必要なわけではありません。

4. 融雪効果

万遍なく融かしきるという上では、ガス・灯油ボイラー方式は最もパワーがあり優秀です。電気ヒーターもそれに次ぎます。

自然落下式、井戸水式は温度が低い場合、屋根の上で雪が凍ってしまうこともあるので効果は一番低いと思われます。

雪かきは大変な手間ですし、年齢を重ねたとき、雪かきが事故に発展するケースも少なくありません。
将来のことを考えて、融雪システムを検討してみてはいかがでしょうか。

山形市・庄内にそれぞれ
常設の住宅展示場あり!

明日、子連れで行ける山形の注文住宅
おすすめメーカー

山形密着の地元メーカー「ササキハウス」

ササキハウスキャプチャ引用元:ササキハウス公式HP
(https://www.sasakihouse.co.jp/case/「square-style」-大きな吹抜けリビングの家/)

参考本体価格:1800万円(30坪)

山形特有の「夏は暑く冬は寒い」風土に合った家を研究しつくして約半世紀。

打ち合わせには設計士が立ち会い、出来上がった図面を本格VR機材で仮想体験できるので、建てた後に起こりがちな「イメージと違う…」を防ぐことができます。

東北を中心に展開する「セルコホーム」

セルコホームキャプチャ引用元:セルコホーム公式HP
(https://selcohome.jp/works/archives/tag/21/#at)

参考本体価格:1950万円(30坪)

木材や外壁のレンガを世界中から取り寄せた輸入住宅。

北米では一般的なツーバイフォー工法を採用したカナディアンハウスは、映画のようなヨーロピアンなデザイン。

日本一の新築着工数の最大手「積水ハウス」

積水ハウスキャプチャ引用元:積水ハウス公式HP
(https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0008/from/condition/)

参考本体価格:2340万円(30坪)

日本全国で年間の新築着工棟数が最も多い注文住宅のトップメーカー。

「ビーサイエ」は、四季を感じる暮らしをテーマにリビングと延長線上に作られた軒下空間が特徴。