家建てたい人、集まれ!山形県で注文住宅を建てようガイド集 > 【山形篇】流れを掴む!家づくりの基礎知識 > 注文住宅を建てる工法の種類

公開日: |最終更新日時:

注文住宅を建てる工法の種類

山形で注文住宅を建てるなら知っておきたい基礎知識の一つに、さまざまな種類の工法があります。ここでは木造軸組工法、木造枠組壁式工法、鉄筋コンクリート(RC)造からログハウスまで、主な工法についてまとめてご紹介しています。

注文住宅の主な工法の種類

木造軸組工法

日本の伝統的な工法で、在来工法とも呼ばれています。基礎に土台を載せて木材の柱と梁で骨組みを造り、筋交いという斜めの木材を入れることで地震などの横からの力に耐えられるようにする仕組みです。最近では接合部に金属も使用されます。

構造材には強度の強い国産のヒノキや杉、輸入材のベイツガやベイヒバなども使用されます。木材には断熱効果もあり日本の風土に合うというメリットもありますが、床下や天井の湿気対策や白アリ対策を行うことも重要です。

木造枠組壁式工法

別名をツーバイフォー(2 x 4)と言い、北米から日本に輸入された工法です。輸入住宅の多くがこの工法で建てられています。木造軸組工法が軸なのに対し、こちらは面で躯体が構成されます。2インチ × 4インチの製材で柱を組み、そこに合板などの板材で壁を作り、壁によって建物を支える仕組みです。規格があるので、職人による仕上がりのバラつきがないことも特徴です。

また箱型構造となるので、横からの力に強いこと、高気密・高断熱であること、壁下地の石膏ボードにより耐火性があることなどが挙げられます。

鉄筋コンクリート(RC)造

鉄筋で網目状の骨組みを造り、コンクリートを流し込む工法です。高層ビルにも採用される工法で、鉄筋とコンクリートが互いの弱点を補い合い、強固で耐震性にすぐれ、耐火性や耐久性、防音性もあります。

コンクリートの特性として、熱を通しやすく熱を内部にためやすいため、夏は熱く冬は寒くなる点、また工期は長めで費用も高めになる点が挙げられます。

ログハウス

ログハウスには3つの工法があります。

丸太組み工法はログハウスの代表的な工法で、丸太を横に積み上げていくものがそれです。

ポスト&ビーム工法は日本の代表的な木造軸組工法と似た構造で、柱(ポスト)と梁(ビーム)に丸太を使用しています。

ピース・エン・ピース工法は、ポスト&ビーム工法と似ています。違いは、柱と柱の間にフィラーログという短い材木を水平に入れること。一般的なログハウスよりも、短い材木で建てることができます。

工務店×高断熱×自由設計
山形の注文住宅会社3選

山形の自由設計に対応している工務店の中から、山形の省エネルギー基準(Ua値0.75)をクリアしている断熱性能の高い会社を坪単価が安い順にピックアップ。山形で建てるならあった方がいい快適(省エネ、断熱)で長く(保証、耐久)住むための住宅性能も調査しました。

デワホーム
デワホーム施工事例
引用元HP:デワホーム公式HP https://dewahome.co.jp/architecture/concept/
価格目安
49万円~/坪
  • 【省エネ】
    全館
    空調※
  • 【断熱】
    トリプル
    ガラス
  • 【保証】
    白アリ
    保証
  • 【耐久】
    ベタ
    基礎
ササキハウス
ササキハウス施工事例
引用元HP:ササキハウス公式HP https://www.sasakihouse.co.jp/case/feel-the-warmth/
価格目安
50万円~/坪
  • 【省エネ】
    全館
    空調
  • 【断熱】
    トリプル
    ガラス
  • 【保証】
    白アリ
    保証
  • 【耐久】
    ベタ
    基礎
コスモホーム
コスモホーム施工事例
引用元HP:コスモホーム公式HP https://cosmohome-inc.jp/jirei/jyutaku/6319.html
価格目安
50万円~/坪
  • 【省エネ】
    全館
    空調
  • 【断熱】
    トリプル
    ガラス
  • 【保証】
    白アリ
    保証
  • 【耐久】
    ベタ
    基礎

※坪単価は目安になりますので、詳細は各会社にお問い合わせください
※各社のUA値(公式HP&電話調査)デワホーム0.2、ササキハウス0.36、コスモホーム0.33(平均)
※全館空調はオプション