失敗しない注文住宅メーカーの選び方

注文住宅を造る際には、会社選びが重要です。ここでは良い会社の選び方について、紹介していきましょう。

注文住宅で失敗しないための住宅会社選び

注文住宅造りで失敗しないためには、依頼する会社選びが大事です。大手だからといって「良い会社」とは言えない場合もあるので、小さくて知名度がない会社もみてみましょう。

利益よりも家造りにこだわるため、過剰な広告などの宣伝活動を抑えて、実力だけでやっている会社もあります。そうした優良店は意外と身近に隠れていたりします

ちなみに、どこに頼んでも自分がイメージする通りに設計して建ててくれる…そんな考えを持っている方が多いでしょう。実はそうした会社はごくひと握りで、自分がイメージする家を建ててくれる会社は限られています。

なぜなら、建築工法の違いやインテリアプランの知識・情報、坪単価、アフターフォローの保証など、各会社によってやり方や提案力が違うからです。これは、会社による特徴の違いともいえます。

注文住宅造りで失敗しないためには、工法や構造の知識をある程度理解しておくといいでしょう。

良い家を建ててくれる注文住宅会社を選ぶ際には、しっかりした情報収集と比較検討が必要となります。自分の考えと相性が合う会社を見つけることができれば、満足のいく注文住宅に大きく近づけるでしょう。

住宅会社の選び方

そのためには、まず気になる会社の資料請求を行います。

オフィシャルサイトにもたくさんの情報が記載されていますが、具体的な情報は案外載っていない場合もあり、載っていないからといって判断するのはNGです。パンフレットだけでなくモデルハウスなども見学し、実際に話を聞いたりして、その会社のメリットとデメリットを見分けて選定しなければなりません。

見積書ではなく見積明細書を

注文住宅会社を比較検討する材料の一つとして、見積書は無視できません。見積書による比較もしっかりと行いましょう。

その会社が良いか悪いかの判断は、多数の見積書を比較することで多少は分かります。1社だけではどこが違うのか比べようもありませんし、悪いところも見えてきません。ただ、見積書は決定したものではなく、どんぶり勘定であることがほとんど。正確なものにするためにも、見積明細書をもらうようにしましょう。何に対してのお金なのか、細かいところまで書いてもらうとよりよい比較ができるはずです。

山形市・庄内にそれぞれ
常設の住宅展示場あり!

明日、子連れで行ける山形の注文住宅
おすすめメーカー

山形密着の地元メーカー「ササキハウス」

ササキハウスキャプチャ引用元:ササキハウス公式HP
(https://www.sasakihouse.co.jp/case/「square-style」-大きな吹抜けリビングの家/)

参考本体価格:1800万円(30坪)

山形特有の「夏は暑く冬は寒い」風土に合った家を研究しつくして約半世紀。

打ち合わせには設計士が立ち会い、出来上がった図面を本格VR機材で仮想体験できるので、建てた後に起こりがちな「イメージと違う…」を防ぐことができます。

東北を中心に展開する「セルコホーム」

セルコホームキャプチャ引用元:セルコホーム公式HP
(https://selcohome.jp/works/archives/tag/21/#at)

参考本体価格:1950万円(30坪)

木材や外壁のレンガを世界中から取り寄せた輸入住宅。

北米では一般的なツーバイフォー工法を採用したカナディアンハウスは、映画のようなヨーロピアンなデザイン。

日本一の新築着工数の最大手「積水ハウス」

積水ハウスキャプチャ引用元:積水ハウス公式HP
(https://www.sekisuihouse.com/example/detail/general/item/0008/from/condition/)

参考本体価格:2340万円(30坪)

日本全国で年間の新築着工棟数が最も多い注文住宅のトップメーカー。

「ビーサイエ」は、四季を感じる暮らしをテーマにリビングと延長線上に作られた軒下空間が特徴。